ものバンクプロジェクト

ものバンクプロジェクト

自立への第一歩を地域のみんなで支えていきたい

暮らしの中でものが「ある」そんな当たり前の世の中です。
しかし身近なところで生活をするためのものが「ない」人が大勢いることをご存知ですか?
「ものバンクプロジェクト」は未成年の養護施設からの自立や生活困窮者、ホームレス脱却を目指す方々、被災された方々へ生活するための「もの」を支援する活動を行っています。

生活困窮者支援への想い

被災者や孤児院の子ども、障害を持たれた方など生活困窮者に対して支援を行います。
使っていない家電や小家具を本当に必要な方に届けます。
私がこの活動を始めたきっかけは、私のセミナーを受講していただいた方からの相談がきっかけでした。
その方はとある児童養護施設に出入りしている方で、施設から自立する子に片づけで出た家具や家電をわけてもらえないかという相談でした。
後日施設に伺い詳しく話を聞くと、当然のことですがずっと施設で暮らすことはできず、自立の時に支度金の援助も少額のようでほとんど家具などを揃えることができない子がほとんどだと言います。
バイト代を貯めても引っ越し代で消えてしまう、、、。
2000円のケトル1っ買うのも大変だそうです。
ケトル1っ貿易に出したらいくらになるだろう?数円~100円ほどです。
100円でもワクチンは何本か買えます。
ワクチンがないと亡くなる子もいます。
ケトルがなくても死ぬことはありません。
しかし、こんなにも身近に地元で困っている人がいたなんて知りませんでした。
知ってしまったらもうそれは他人事ではありません。
困っている人を助けるのに順番はありません。
困っている内容に大小もないと思います。
あるとすれば、それは見ている側が勝手な価値観で決めているのだと私は思います。
困っている人からすれば必死なのです。
偶然こんな事情を知ってしまって、私がたまたまお家の片づけの仕事をしていた。
なのでこんな事なら出来るな思ったんです。
そんな大したことは何もしてません。
ただ自分の仕事を活かしてちょっと時間と手間をかけただけです。
自己満足なだけかもしれませんし、まだまだ利用しにくい活動ですが、本当に始めてよかったと心から思っています。
もし興味をもっていただける方がいましたら、無理のない範囲で参加していただけたら嬉しいです。

支援団体

認定 特定非営利活動法人 AMDA
特定非営利活動法人 岡山・ホームレス支援きずな
特定非営利活動法人 子どもシェルターモモ
自立支援ホーム おおもと壮
自立支援ホーム あてんぽ
特定非営利活動法人 さんかくナビ
公益財団法人 YMCAせとうち
公益財団法人 YMCAファミリーホーム操山寮
社会福祉法人 岡山市 社協寄り添いサポート
社会福祉法人 赤磐市社協「あすてらす」
その他、病院・施設入所者、こども食堂など

「ものバンク」プロジェクト協賛企業

COZY STYLE
㈱東部典礼
ハウスドゥ!倉敷中央店㈱ネットワーク21
みかみFP事務所
ミニミニFC㈱さくらコーポレーション
ライフとキミドリ
ライフィール

※50音順

事業所所在地・お問い合わせ

アライブ岡山
所在地:岡山市北区西崎1-7-45
電 話:086-259-0439
メール:info@alive-okayama.com

※携帯電話に転送しており、応対できない場合があります。